髪色を変える方法はいろいろある

髪色を変えるだけで、ふんわりとした可愛いイメージからクールビューティーなイメージまで今までの雰囲気と変えることができます。
雰囲気を変えたいときだけでなく、服装やメイクを変えたときにも髪色を変えるのはおしゃれのプラスワンのテクニックです。
髪色を変えるときにはヘアカラーを利用しますが、ヘアカラースタイリング剤には大きくわけて医薬部外品と化粧品に分けることができます。
医薬部外品はヘアカラーやブリーチなどが分類されて一回で染めることができて、カラーの持ちが良いためシャンプーしても色落ちしづらいという特徴があります。
化粧品に分類されるヘアマニキュアやカラートリートメントは色持ちは長くても一か月弱、ワンデイヘアカラーは1回洗髪するとカラーを落とすことができます。
ヘカラーリング剤は液体やクリーム、ホイップなど幅広く種類があります。
特徴とトリートメントタイプは乳液タイプで柔らかく頭髪全体を染めるのに適していて、毎日トリートメントとして使っていきます。
クリームタイプは髪全体だけでなく生え際や部分染めにおすすめです。
泡タイプは髪全体をむらなく染めることができ、気軽に染めることができますが、トリートメント効果があまりないため髪がパサパサしてしまうこともあります。